TOPICS

幼児児童英語教育と歌

今年は庭の木にどんぐりが沢山なったので、夕方ちょこっと拾って来て工作してみました。

どんぐりを拾いながらなぜだか、どうしても「どんぐりころころ」と歌ってしまいます(笑)

そんな風に子供の頃なにかに引っ掛けて覚えたものとか、歌とかは忘れないものなのですね。
...
近頃こんな事がありました。
1歳児さんのレッスンについて来て下さった保護者の方が一緒にレッスンに参加して下さって、英語版の「キラキラ星」を一緒に歌って下さいました。

「最初から歌詞を全部ご存知でしたね?」と伺うと、「子供の頃に習いました。」とのこと。

私は幼児児童英語教育と歌は切り離せないものと考えています。

お子様が小さければ小さいほど歌やチャンツを多く取り入れます。

そうすることによって日常的に良く使う言い回しやアクセントの場所、文章の抑揚を覚え歌を外しても正しいアクセントで話すことが出来るようになります。

小さいうちこそ自然な形で楽しく学習させてあげたいですね(*^^*)

acorn.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
5d66